リニューアルしました!

スマートフォンの普及に伴い、ホームページのリニューアルを致しました。

新しいホームページでは、全てのライブ情報をリアルタイムに配信していきます。

また、随時ライブの出演者も募集しています。詳しくはお気軽にご連絡下さい。

株式会社YUREHAのサイトデザインの特徴

多くのウェブサイトは、自社製品やサービスをプロモーションするためだけに製作されています。ところが2013年、様々な端末の普及などでマーケティング戦略が変わり、必要な情報を分かりやすく配信するためにデザインする必要が重要になってきています。他社との格差をつけるために目立つ戦略、画像を多く使用し商品のアピールを強調しながら誘導させる手法に変わってきています。

インターネットが2013年のウェブに影響を与えた点は、以下のようになります。

  • メイン画像:ファーストビューでユーザーの注意を引くために、大きな画像を利用する。
  • ナビゲーションを簡単にする:見やすいナビゲーションで提供する。
  • レスポンシブ:あらゆるデバイスに対応したウェブサイトを作成する。
  • 無限スクロール:ページ送りの面倒な操作を改善。
  • SNSに対応:様々なコミュニケーションサイトに対応。

以上を踏まえた機能を備えたデザインで株式会社YUREHAのサイトは作成されています。

必要な情報はなにか?を考え今後も配信していきます。

レスポンシブウェブデザインとは?

近年、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、Webサイトを各デバイス向けに最適化することが求められるようになりました。当初は、PCや各デバイスごとに専用サイトを用意し、OSや画面サイズなどを判別して、該当する専用サイトへ誘導する方法が一般的でした。しかし、デバイスのサイズが多様化するにつれ、特定のサイズに向けた専用サイトを制作することが難しくなってきました。

そこで注目されるようになったのが、「レスポンシブWebデザイン(RWD)」という方法です。レスポンシブWebデザインでは、1つのHTMLを用い、解像度やサイズをベースにその表示結果を切り替えます。技術的には、基準となる解像度/サイズの範囲(ブレークポイント)を決め、CSSのメディアクエリー(Media Queries)を使って、各ブレークポイントごとに異なるCSSを適用します。

レスポンシブWebデザインの最大の魅力とは、多様なデバイス上で柔軟な表示切替を可能にし、ワンソースのHTMLで各デバイス用のアウトプットを管理できることと言えます。

fig01
fig01
図:レスポンシブWebデザインは、ワンソースで様々なデバイスに対応することができます

pc-1