DVなどで悩んでる方へ

「DV」とは、

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは「親密な関係にあるパートナーからの暴力」のことをいいます。

ここでいう「暴力」の形はさまざまで、1.身体的、2.精神的、3.性的、4.経済的など、多面的な要素を含んでいます。

見逃してはいけないことは、DVの加害者は「暴力」という手段・方法を意図的に選択しているという点です。
例えば、あなたの会社の上司が、部下を指導するために「殴る」「蹴る」という手段を用いたら、大問題になるでしょう。そうではなく、口頭や書面で注意したり、時には一喝したりすることもあるかもしれませんが、いわゆる暴力とは違う方法をとって行動しています。それが、親密な関係のパートナーなら許されるでしょうか?

男性が女性に何かを伝えようとするとき、相手が夫婦や交際相手だからといって、暴力が正当化されていいわけはありません。暴力は、どんな状況においても、犯罪なのです。

DVについて、新聞やテレビなどで時々見かけることがある程度で、あまり身近ではない、自分とは関係がないと思う人も少なくないかもしれません。

しかしながら、いま日本では…

  • 男性から身体に対する暴行を受けた経験がある女性は26.7% - 女性の4人に1人が暴力を受けています。
  • 男性から執拗な暴力を受けた経験がある女性は10.6% - 女性の10人に1人が繰り返しの継続的で執拗な暴力を受けています。
  • 配偶者間(内縁を含む)における犯罪で殺される女性は1年間に117人(2006年) - 3日に1人、妻が夫に殺されています。

このような統計的事実が物語るように、DVの問題は、決して特殊で例外的なことではありません。また、夫婦げんかや男女の気まぐれという次元ではなく、陰湿で、継続的で、ときとして生死の関わるような深刻な問題です。

夫婦げんかは犬も食わない、などと言いますが、DVは夫婦げんかというような生易しいものではありません。DVは、犯罪なのです。

DVの原因

DVの原因を考える上で、DVがさまざまな要因や特徴が絡み合っていることを理解することが必要です。その複雑さ故に、DVが起こる背景となっています。

DVの特徴としては、配偶者や恋人間のパートナーによる暴力は被害者が女性であることが圧倒的に多く、そのパートナー間の暴力は単純な喧嘩ではなく加害者から被害者への一方的な暴力であることが圧倒的に多いことが上げられます。

その背景には、日本では古くから伝え続けてられている社会制度があり、家庭、職場、地域などでは慣習的・潜在的に男性優位な社会構造となっていることが関わっています。 「男は仕事、女は家事・育児」という「男は男らしく」、「女は女らしく」という性別の役割分担の考え方が社会的、文化的に根付いています。

一般的に女性の給与収入は男性のそれの約60%と言われています。すなわちこれは性別で仕事=男性、家事=女性という役割分担によって、経済的な格差が生まれる大きな要因となっています。

さらに男性優位な社会構造は、男性を支配する側、女性を支配される側という考え方が慣習的にあるので、法的に単純な「夫婦喧嘩」と見なされることも多く、訴訟として訴えにくい環境にあります。

そうして見落とされてきたDVは、それを目撃した子どもたちにも影響をおよぼします。幼児期に大人のDVを目の当たりにした子どもたちは、自らが成長した時に暴力として表現するケースが多々あり、次の世代に暴力が引き継がれるという負の連鎖が起こります。

DVを抜け出せない理由

被害者が加害者からひどいDVを受けているにも関わらず、加害者からなかなか離れられない、または一度離れてもまた加害者のもとに戻っていくという事例が少なくありません。 DVの被害者には大きく分けてパターンが2つあると考えられています。

  • 被害者自身がDVを受けていることに気付かないパターンです。長い間共に生活しDVを受け続けていると、そのDVに慣れてきてしまいます。すると暴力を振るわれていることを「愛されている」と感じてしまい、ごく稀に優しく対応されるとつい安心してしまいます。こういう場合には、被害者本人がDVにあっているという意識がないので、他の人に相談することなどありません。
  • 自分がDV被害者であることの認識はあっても、現在の生活を変えたくないために現状から抜け出せないパターンです。暴力を振るわれている環境から離れたいと思っても、被害者が他に身よりもなく頼るものがいない場合、また離れたために経済的に不安定になることを心配する場合などは、DV被害を受けているにも関わらず、現状から抜け出せないのです。

さらに、長い間DV被害を受け続けている人は、「自分が悪いから相手を怒らせてしまったんだ」と考えてしまうことがあります。長期にわたるDVは被害者の自信や自尊心を失わせ、正しい判断ができず、刷り込まれてしまった恐怖心が足かせになり、自由に動けなくなってしまっています。

これを被害者が加害者との関係性に依存している「共依存」と言われることがあります。人間の共依存がDVから抜け出しにくい理由ではないかと考えられています。

克服法

DVの被害者は、DVを受けている中で「自分が悪いから暴力を受けるのだ」という考え方を加害者から刷り込まれています。暴力を受け続けているうちに自己を否定してうつ状態になり、無気力になります。

親しい友人や親兄弟からのつながりを断たれている場合も多いので、なかなかDVから逃れられない状況にあります。しかし悪いのは加害者です。もしもDV受けているのでは?と思ったら、まず誰かに相談することが大切です。

そして将来のことを考えるポジティブな発想を持つことがDVから抜け出す方法です。

「メンタルケア ゆれは」「NPO法人女性支援ネットワーク ゆあら」は、DVを受けている人の相談を受け付け、被害者を保護する機能の他に、その後の被害者の自立支援という役割を担っており、これはDV被害者にとってとても重要なことです。

悩んでる方は

DVで悩んでいる人たちに少しでも良いアドバイスが出来るようにするためにお話してください。

現在DV問題で悩んでいる人がたくさんいらっしゃいます。DVで悩んでいる人は自分のおかれている状況を認める事が出来ない状態の人が多く、「これはDVではない」とDVに否定的に考えている人が多いようです。

そのような状況がDVを深刻化させDVを起こす側もDVを受ける側もどんどん深みにはまっていくようです。こういう事態を避ける為に当相談室は存在しています。

早期に解決することで、被害も少なく、また普通の関係に戻れる可能性もあるかも知れません。是非早い時期での相談をおすすめいたします。私たちに相談する事により「あなたはひとりじゃない」のですよ。

私たちがあなたの味方であり「仲間」なのです。ひとりで苦しまないで!まずは、ご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先

私は、 (必須)

題名

メッセージ本文

迷惑防止対策 ※以下の画像を記入して送信
captcha